みぃざっきー!

管理人のみぃ~太郎が気になったことをてきとーに綴るブログ

科学を体験!旭川市科学館 サイパルでプラネタリウムを見てきました!

f:id:n-m-c-9311:20180408225219j:plain

どうも、みぃ〜太郎です!!

先日、旭川市にあるサイパルにプラネタリウムを見に行ってきました~!

ついでに色々と館内の見学、展示の体験してきたので、今回は旭川市科学館サイパルの魅力を紹介したいと思います! 

 

 

メインの展示 常時展示室

サイパルには色々と魅力的な展示があるのですが、最初に紹介するのはこの科学館のメインになる展示ルームである、常時展示室です。

科学を「体験して楽しく学べる」のが、常時展示室の特徴です。「北国」「地球」「宇宙」の3つのテーマに分けて展示がされています。それでは3つのコーナーについて簡単に紹介したいと思います。

北国コーナー

f:id:n-m-c-9311:20180408214458j:plain

▲雪崩を疑似体験できるナダレンジャー他。

北国コーナーは北国の気象や自然現象をテーマにしています。

北海道の中でも、より寒く雪の多い地域である旭川らしいコーナーだなと感じました。

具体的には設置された小型カメラからの映像で 雪崩を疑似体験できる装置「ナダレンジャー」マイナス30℃まで温度が下がる部屋で実験ができる「低温実験室」などがありました。

 

詳しくはこちら… 

旭川市科学館・サイパル / 常設展示案内 / 北国コーナー | 旭川市

 

地球コーナー

f:id:n-m-c-9311:20180408214000j:plain

▲ボールはどこにころがっていくかな?ボールコースター。

地球コーナーは地球上で起きる色々な現象とその原理を学ぶことができます。

NHKの番組ピタゴラスイッチみたいに、ボールが色々な仕掛けを通り転がって行くのを楽しく観察できる「ボールコースター」、床に敷かれた砂の下から空気を送ることで 火山ができる仕組みを疑似的に体験できる「火山をつろう」シャボン玉の中に入ることができちゃう「ジャンボシャボン」などがあり、楽しく自然現象や化学現象を学ぶことができます。

 

詳しくはこちら…

旭川市科学館・サイパル / 常設展示案内 / 地球コーナー1 | 旭川市

旭川市科学館・サイパル / 常設展示案内 / 地球コーナー2 | 旭川市

 

宇宙コーナー

f:id:n-m-c-9311:20180408213943j:plain

▲無重力状態を疑似体験できる宇宙ゴマ。

宇宙コーナーは宇宙の構造、宇宙空間での色々な現象を扱っています。

無重量状態を体験出来る「宇宙ゴマ」月面でジャンプしたらどんな感覚なのかを体験できる「ムーンジャンプ」などがありました。

 

詳しくはこちら…

旭川市科学館・サイパル / 常設展示案内 / 宇宙コーナー | 旭川市

 

科学原理を体験しながら学べる

それぞれの展示には 科学原理の解説をまとめた用紙 が用意されていました。

その科学原理が日常のどういうものに使われているのかなど、分かりやすい解説がのせられています。応用を学べるというわけですね。自分で書き込めるとこなんかもあったりするので、ある程度の年齢のお子さんなら遊びつつ楽しく学べると思います。

f:id:n-m-c-9311:20180408213758j:plain

また、常設展示室のすぐ隣には サイエンスシアター という小さな3Dシアターがあって、そこでも楽しく自然現象や化学現象について映像を見て学ぶことができます。

サイエンスシアターでは 10分ほどで3つほどの異なるテーマをとりあげた映像 を楽しむことができました。

かなり沢山の幼児や小学校低学年の子たちがいましたが、みんな映像にくぎづけでシアター内はすごく静かだったのが印象深いです。 

 

迫力満点のプラネタリウム!

f:id:n-m-c-9311:20180408213812j:plain

▲過去に使用されていたプラネタリウム投影機。

館内にはプラネタリウムもあります。私が行った時間には「見えない宇宙を探る ダークユニバース」と言う映像の上映の時間が近かったのでそれを見ることにしました。

f:id:n-m-c-9311:20180408221633j:plain

ドームいっぱいに映し出される映像は迫力があり見ごたえがありましたよ~。

宇宙には見えない物のほうが多い…というちょっと難しい内容でしたが、大人の方は興味深かく見ることのできる内容だと思います。

その他にも時間によっては、通常のプラネタリウムも見ることができるようです。

 

観覧料・上映時間・上映番組などの詳しい情報はこちらから…

科学館サイパル / プラネタリウムトップページ | 旭川市

 

天文台

f:id:n-m-c-9311:20180408213831j:plain

サイパルの屋上には2基の天文台が設置されていて、ここも見学することができます。

その内の1基は 口径65㎝カセグレン式反射望遠、もう1基目は 口径20㎝の屈折望遠鏡 が導入されているようです。

今回の見学では、大きいほうの口径65㎝カセグレン式反射望遠鏡を見せてもらいました。

f:id:n-m-c-9311:20180408213827j:plain

私は天文台というものを見るのは初めてだったので、ちょっと興奮しましたね~。

自動でドームの屋根があいたり、巨大な望遠鏡が動いたりする様子は機械好きな男の子なら夢中になること間違いなしです!

スタッフの方が丁寧に説明などをしてくれて、木星や他の星を見せてくれました。

空を見上げてもなにも星は見えないのに、望遠鏡をのぞくと木星が光っていて不思議な感じです。外に出るとまだ、このぐらい明るかったんですよ~。

f:id:n-m-c-9311:20180408214102j:plain

明るくても星は見えるもんなんですね〜。

昼間の見学以外にも、観望会や親子天文教室なども行なっているようです。

詳しくは 科学館サイパル / 天文台活動案内 のページをご覧ください。

 

 

ベビーコーナー・安全対策について

幼児や小学生の子どもたちの利用が多いサイパルですが、子連れのご家族の方も安心して利用できる配慮がされているように感じましたね~。

個室になっているベビーコーナーや給湯室、大きめのロッカーなど、乳児がいる家族の方でも安心して利用することができるようになっています。

f:id:n-m-c-9311:20180408213918j:plain

そのすぐ横には休憩所があり、家族のみんなもこのスペースで休憩することができます。そばには一般・身障者用のトイレもあります。

 f:id:n-m-c-9311:20180408213912j:plain

また館内の体験できる系の展示には、ほとんどの場合スタッフが配置 されていていました。

f:id:n-m-c-9311:20180409170000j:plain

私は日曜日に行ったのですが、かなりの人数のスタッフがいて、安全に楽しめるように色々と案内してくれました。

 

アクセス・休館日・利用料金など

アクセス方法について

 

住所:〒078-8391 旭川市宮前1条3丁目3番32号
電話番号: 0166-31-3186

 

車で行く場合は上記の住所を参考にしてください。ちなみに最寄りのインターチェンジは 鷹栖インター で、サイパルまでは約25分かかります。

詳しくは… Google マップ で見る

 

バスは旭川駅発サイパル経由のバスがあります。詳しくは下のサイトを参考にしてください。

旭川市科学館・サイパル / アクセスルート(バス) | 旭川市

 

口コミ・評判、近隣の観光施設などについて

詳しい口コミ・評判、館内の写真、近場の観光施設などの情報は じゃらんnet で見ることができます。

【旭川市科学館サイパル】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet

 

開館時間・休館日・利用料金について

営業時間、休館日、イベント、利用料金については、旭川市のHP で最新の情報を確認することができます。

旭川市科学館・サイパル / 施設利用案内 | 旭川市

 

是非、参考までにお役立てください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は旭川市科学館サイパルの紹介をしてみました。サイパルは子どもたちはもちろん、大人も楽しめる施設なので親子で楽しめます。是非ゴールデンウィークや夏休みなど、家族で行ってみてくださいね~! おしまい。

 

★おすすめ記事:家族で楽しめる室内釣り堀!オーシャン21の紹介!

www.uguing.net